災害医療における薬剤師の役割:災害医療大学・購買部

災害医療における薬剤師の役割 阪神・淡路大震災の記録

日本薬剤師会1996年に出版した本です。

 

学長の率直な感想としては「かなり珍しい本」です。

災害医療において薬剤師の職能が認められたのは東日本大震災と言われています。

阪神淡路大震災の時の薬剤師の活動というのはあまり記録が残っていません。

阪神淡路大震災における薬剤師に着目した書籍はこの本のほかに見たことがありません。

 

詳しくみる

「災害医療における薬剤師の役割」は古い本のため、メーカー取り寄せ・中古しかありません。

アマゾン

中古ですが取り扱っています。

楽天

メーカー取り寄せなら楽天!

災害医療における薬剤師の役割 阪神・淡路大震災の記録 [ 日本薬剤師会 ]

価格:3,204円
(2022/5/22 01:53時点)
感想(0件)

関連講義

災害医療に薬剤師は必要?災害薬事のCSCAPPPから読み解く薬剤師の役割
まとめCSCAPPPとは、災害支援の際に薬剤師に必要な考え方指揮統制・安全・情報伝達・評価・災害薬事トリアージ・準備・医薬品供給の略皆さんこんにちは災害医療大学です。 CSCAPPPとは、・災害医療の中で薬剤師が何をするのか?・どのような考
災害時に地域の薬局は何か役割を担っているの?
まとめ災害時に薬局は「医薬品の供給」「医療救護所での支援活動」が求められるそのため、薬局の業務継続をできるように準備が必要災害時の行動を確認しよう!皆さんこんにちは!災害医療大学です。 今回は、実際に医療関係者とお話をしている中で質問された

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました