グッズが当たる!プレゼントキャンペーン実施中!

医療従事者のための災害対応アプローチガイド:災害医療大学・購買部

「医療従事者のための災害対応アプローチガイド」は災害医療をまんべんなく学ぶのにおすすめの書籍です。

災害医療と救急医療の切り替えるポイントに着目して書かれているため、実践書として有用です!!

基礎から学ぶことができ、カラー写真も多く初心者におすすめです。

詳しく見る

アマゾン

楽天

医療従事者のための災害対応アプローチガイド [ 佐々木 勝 ]

価格:4,950円
(2022/5/22 01:45時点)
感想(0件)

第1章 災害用語
1 災害用語の定義  
2 災害医療用語  
第2章 災害対応のパラダイム
1 災害医療とは  
2 準備  
3 指揮命令系統  
4 評価  
5 情報伝達  
6-1 トリアージ ─概念と種類─  
6-2 トリアージ ─使用の実際と課題─  
7 救出  
8-1 治療 ─災害時の医療活動─  
8-2 治療 ─現場のPS─  
8-3 治療 ─各種損傷・疾患への対応─  
8-4 治療 ─マスギャザリング医療─  
9 搬送  
10 撤収  
11 回復 ─災害時の精神的ケア─  
第3章 災害対応チームの体制と役割
1 災害時のロジスティックスの役割  
2 災害時のDMATの役割 ─東京DMATを中心に─  
3 災害時の看護師の役割  
4 災害時の救急隊・救急救命士の役割  
5 災害時の薬剤師の役割  

関連講義

災害医療とは?救急医療との違いも解説!【災害医療概論 3限目】
災害医療と救急医療の大きな違い、災害医療の目的を知りましょう。 災害医療の3つの特徴「搬送」「トリアージ」「安定化療法」が理解できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました